医療秘書コース・医療ビジネスコース

医療事務全般に関する幅広い知識とコミュニケーション能力を身につける!

IT活用能力と事務能力を併せ持った人材を目指そう!

公務員受験のプロフェッショナルが
あなたを支えます。
公務員には様々な職種があり、職種に応じて必要とされる資質も異なっています。
当校では4月入学後6月までの基礎期においては、どんな職種(採用試験)においても
共通して必要とされる一般知識・知能を学習します。
更に、7月以降の実践期において、徹底した問題練習を行うことによって確実に合格へと導いていきます。

主な就職先一覧

自治体職員 ■鳥取県(一般事務・警察事務) ■米子市(一般事務) ■鳥取市(一般事務) ■境港市(一般事務) ■南部町(一般事務)
■江府町(一般事務) ■琴浦町(一般事務) ■鳥取県西部広域行政管理組合 消防吏員■鳥取県西部広域消防局 ■鳥取県東部広域消防局 ■鳥取中部ふるさと広域連合消防局 ■松江市消防本部 ■安来市消防本部
■広島市消防局警察官 ■鳥取県警察 ■島根県警察 ■広島県警察 ■神奈川県警察 ■兵庫県警察 ■警視庁 国家公務員 ■国土交通省 ■警察庁 ■国税庁 ■検察庁 ■海上保安庁 ■刑務官 ■航空自衛隊 ■陸上自衛隊 ■海上自衛隊 他(順不同)

学習内容

  • 公務員受験にマッチした、
    極力無駄を省いた勉強方法で学習します。
    毎日徹底的に適性試験の練習をするとともに
    配点の高い一般知能分野の指導を徹底します。
数的推理 試験問題の多くは、中学校の数学で学習する公式を基礎に、それを発展的に応用することで解決でき、二次方程式の応用、順列、組み合わせ、確率、図形などが主な範囲になります。
判断推理 出題される問題にはパターンがあります。そのパターンをいかに早く見抜けるかが大切です。数多くの練習問題をこなし、与えられた条件から論理的、かつ推理的に解答に求められるように繰り返し学習します。
作文指導 原稿用紙の使い方から、作文の組み立て方まで、課題に対する書き方の指導をします。また書類のまとめ、報告書作成など、どこでも役立つ能力を身につけます。社会人として最も役立つことのひとつです。
適性試験対策 適性試験は、事務系職種に必要な事務処理能力を確認するための試験です。この試験では正確性とスピードの両方が必要です。当校では、毎日問題練習を行い、解法テクニックを学習し試験に備えます。
資料解釈 指示された資料(数表、各種グラフ他)から分かることと、分からないことを認識するとともに資料に参考を加え、論理的に解答を導けるように学習します。
一般知識 社会科学・人文科学及び自然科学の広範囲の分野について頻出問題を中心に学習します。
面接対策授業 人物重視傾向が高まる中、自己分析や面接カードの作成及び模擬面接など、万全の対策をたてます。

公務員受験コース スケジュール

※再チャレンジの人は、2年制課程に編入可能。12月から基礎教養の授業を受講します。

2016年度合格実績

オープンキャンパス

AM10:00~3時間程度